元サラリーマンブロガーなつのプロフィール

当ブログおすすめのテーマ!


\\//

✔徹底的に表示速度にこだわった完璧なSEO対策のテーマ!

高機能なのに初めてブログを作る人でもカスタマイズがしやすいテーマ。
ブログ作成の欲しい機能がギュッと詰まった今一番人気のテンプレートです。
今なら5大特典「たった30記事で15万円稼いだ方法」やオリジナルデザインマニュアルその他豪華特典付き!
 
詳しい内容は下記のボタンでご確認ください!

Diver(ワードプレステーマ)の機能紹介!初心者に向いている理由!

こんにちは!ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。

ワードプレスの有料テンプレートでは、基本の機能以外にそれぞれ個性や新機能を追加したものが多いです。ワードプレステーマでは後発で販売されたDiverも他のテーマとはまた違った機能を持ったテンプレート。

販売以来、1年も経たずしてあのシリウスを抜いて1位にもなったことのある「知る人ぞ知る」テーマです。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「Diver」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

Diverの4大特典!【WordPressテーマ】初心者でも稼げる!ひとあじ違うテンプレートアイテムが魅力!

 

WordPressテーマDiverとは?

DiverはWeb業界で活躍しているWebデザイナーとシステムエンジニアたちで開発されたテンプレートです。

SEOはもちろんのこと集客や収益を考えているアフィリエイトやアドセンスなどいわゆる「稼ぐ」ブログを初心者でも作れるようにいろんな要素をパッケージしたテーマです。

出典:Diver

実際にWebの現場で仕事をしてきた人がその経験を元に作っているので実践的に使えるテーマだということです。

見た目には、強烈な個性はありませんが内部の構造で勝負しています。

 

 

WordPressテーマ Diverの機能の特徴

  1. 洗練されたデザイン
  2. ファーストビュー設定
  3. アピールブロック
  4. AMP対応
  5. 入力補助
  6. ショートコード
  7. レスポンシブ対応
  8. LPページ対応
  9. 複数使用可
  10. 時代に合ったバージョンアップ
  11. Youtube動画をアイキャッチにできる

 

Diverを使っている人の感想は「【Diverテーマの評判】実際使っている人の感想と口コミ。【WordPressテンプレート】 」を読んでみてください。

Diver(Wordpressテーマ)の機能 1. 洗練されたデザイン

Diverでは、カスタマイズ性に優れているので手を入れればかなりイメージの違ったデザインになります。

出典:Diver

画面一面に記事一覧などを設置してしまうとアイキャッチを工夫しないことには見づらくゴチャゴチャしてしまいます。

そんな時にDiverの「NEW」タブがとても便利です。

出典:Diver

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「Diver」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

Diver(Wordpressテーマ)の機能 2. ファーストビュー設定

TOPページを開けたところに配置されている画像「ファーストビュー」の変更ができます。デザインに自信のない人や画像をダウンロードが上手くできない方でも簡単に使えるようにパターンデデザインなども活用できます。

  • 動画も背景にできます

Diver(Wordpressテーマ)の機能 3. アピールブロック

なにかを紹介したいとき、長い文章などでは埋もれてしまう場合があります。そこで、訪問者の目につくように画像付きの誘導ブロックを投稿ページで作ることができます。

出典:Diver

 

Diver(Wordpressテーマ)の機能 4. AMP対応

AMP対応とは、モバイルでの表示を高速化させるしくみのこと。今後AMP対応もブログ運営の上では必須となっていくと予想されます。

Diverでは、記事ごとにチェックを入れるだけでAMP対応にできます。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「Diver」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

Diver(Wordpressテーマ)の機能 5. 入力補助

入力補助は、Diverだけのオリジナル機能です。


出典:Diver

  • ボタン
  • バッチ
  • 囲い枠
  • 区切り線
  • グリッドレイアウト
  • 引用
  • 横棒グラフ
  • 吹き出し
  • 口コミ
  • ランキング
  • レビュー(星)
  • Q&A
  • トグル
  • QRコード

これらの項目を細かく設定できる機能のことです。他のテーマならショートコードで用意されていたり追加したいならCSSを触らないといけない内容でもDiverの入力補助で簡単にできます。

囲い枠のアレンジ

よく、タブ付きの囲い枠などが最初から配置できるようになっているテーマが多いですが、Diverの場合はそこからもう一段上の設定を自分でできます。

実際囲い枠へアイコンなどの配置をしようとすると位置など工夫しないと変になってしまいます。それらを入力補助で簡単にできるととても便利です。

口コミのアレンジ

口コミのレイアウトの部でタイトル、星評価、ラインなどがあらかじめ含まれているとホームページのようなクチコミができあがります。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「Diver」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

レイアウトのカスタマイズ画面

出典:Diver

レイアウトの設置はDiverが最強だと思います。

【50%:50%】 【33.3%:33.3%:33.3%】 【25%:25%:25%:25%】 【50%:25%:25%】 【25%:25%:50%】 【25%:50%:25%】 【66.6%:33.3%】 【33.3%:66.6%】 【75%:25%】 【25%:75%】

 

2カラム3カラムというレイアウトはよく見ますが、細かく設定できるのはかなり重宝します。

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「Diver」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

Diver(Wordpressテーマ)の機能 6. ショートコード

文字の装飾やアンダーライン、カラムレイアウト、記事一覧のレイアウトなどもショートコードで編集できるようになっています。

例えば、簡単な会話もショートコードで利用することも可能。入力補助から会話を入力すれば以下のようになります。

 

Diver(Wordpressテーマ)の機能 7. レスポンシブ対応

PC画面だけではなくスマホの画面にもこだわりが見えます。たとえばドロワーメニューやポップアップメニューなど設定できるようになっています。


出典:Diver

Diver(Wordpressテーマ)の機能 8. LPページ対応

DiverのLPページはとてもユニークです。というのも、あらかじめデザインが決まっているものではなく全くの白紙状態のページに自分なりにデザインをカスタマイズしていくというスタイル。

  • 背景設定
  • デザイン設定(影など)
  • サイズ設定

以上を自分で決めていきます。

Diver(Wordpressテーマ)の機能 9. 複数使用可

稼ぐブログを作成している場合、どれだけ一生懸命に作っても順位変動のリスクは常につきまといます。そんな場合のリスク回避としてブログを分散していくという方法をとっている人は多いです。

そんな時にテーマが複数のブログに使えるというのはとても便利です。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「Diver」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

Diver(Wordpressテーマ)の機能 10. 時代に合ったバージョンアップ

Diverは、日々進化しています。買ったきりではなく新しい機能ができるごとにバージョンアップがおこなわれていくので、自分のブログも進化し続けます。

アイキャッチのYoutube画像に変更することもバージョンアップで可能になったこと。

つまり今後時代に合わせた変更も保障されていることになります。

Diver(Wordpressテーマ)の機能 11. Youtube動画をアイキャッチにできる

出典:Diver

各記事のアイキャッチに動画を配置することができるので、顧客が画面を見た時に大きなインパクトを与えることができます。

他ではまだあまり見かけないので、この機能の効果を最大限利用できますよ。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「Diver」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

WordPressテーマDiverのSEO機能

Diverの編集やカスタマイズの便利さ以外に、実はSEO対策も組み込まれています。まず基本のSEO設定として、すべての投稿の後ろにサイトタイトルをつける設定も可能です。

  • 投稿ページでSEO対策
  • メタディスクリプション
  • 適切なタイトルタグ
  • カテゴリーページ

投稿ページでSEO対策

例えば、ブログでその他のサイトの参考としてURLを貼ることがあります。それが自分のブログに対して悪影響をおよぼすことがあります。

そんなことのないために信頼できないサイトへのリンクや順位操作などのリンクをクロールがたどらないために作られているのが「nofollow」です。

Diverは「nofollow」や「noindex」をページごとに設定できるようになっています。

 

メタディスクリプション

難しい言葉ですが、いわゆる「ブログの説明書き」です。そのブログはどんなことが書かれているのか説明する文章を入力していきます。

 

Diverを使っている人の感想は「【Diverテーマの評判】実際使っている人の感想と口コミ。【WordPressテンプレート】 」を読んでみてください。

 

↓ このブログからDiverをご購入くださった方に特典をプレゼントしています!

Diverの4大特典!【WordPressテーマ】初心者でも稼げる!ひとあじ違うテンプレートアイテムが魅力!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です