元サラリーマンブロガーなつのプロフィール

THE THORのプラグイン10選!必須のものとあれば良いものイマイチのものまとめ!

ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。

THE THOR(ザ・トール)では、WordpressのSEO対策として重くなりがちなプラグインが要らないように工夫されていますがCustomizer Export/Importのように着せかえで必須のプラグインもあります。

そこで、THE THOR(ザ・トール)で必須のプラグイン、あれば便利なプラグイン、相性が悪いプラグイン、使うと便利なプラグインをお伝えしていきます。

THE THOR(ザ・トール)の必須&NGプラグイン一覧表

THE THOR(ザ・トール)では、便利な機能を使うための必須プラグインがあります。

名前 役割
★ブログ作成におすすめ WP User Avatar プロフィールの画像
必須のプラグイン Customizer Export/Import 着せ替え機能導入
あった方が良いプラグイン Akismet Anti-Spam (アンチスパム) スパムを排除(Wordpressではデフォルト)
Classic Editor エディターを旧画面にする
Google XML Sitemaps サイトマップを自動で作る
BackWPup データのバックアップをとる
相性の悪いプラグイン TinyMCE Advanced ビジュアルエディターに機能追加
Jetpack ログインなどのセキュリティ
SiteGuard WP Plugin 管理ページや不正ログインから守る
 (場合別)おすすめのプラグイン EWWW Image Optimizer 画像を圧縮する

相性の悪いプラグインとして、キャッシュ系のもの全般、SEO系のものと公式ではアナウンスされています。SiteGuard WP Pluginだけが実際に一部ブラウザで画像の一部が表示されない事例が出てきているようです。

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」

【初心者必見!】THE THOR(ザ・トール)の購入8特典!割引についても調査!【WordPressテーマ】


※今なら、8大購入特典をお付けしています!

 

THE THOR(ザ・トール)のプラグイン 【おすすめ】

THE THORには、「この記事を書いた人」や「プロフィール」を作る機能があります。Wordpressでユーザー画面で「Gravatar」で登録をすればよいのですが、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

そこで、簡単にプロフィール画像を追加できるようなプラグインをご紹介します。

WP User Avatar

アバター(プロフィールの画像など)を取りこみしやすくするプラグイン。

プロフィールはサイドバーだけではなく、設定しておけばTHE THORの場合には記事の文末に「この記事を書いた人」を設置できます。

書いた人の顔の画像があるだけでブログに一気に親近感がわきますので、なにか好きな画像を設定しておくことをおすすめします。


Wordpressユーザー画面

 

↓ 芸大卒のなつが作ったTHE THORのオリジナルテンプレートです。購入特典としてマニュアルをプレゼントしています。

THE THORなつ特製オリジナルデザインマニュアルプレゼント中!
今大人気のWordpressテーマTHE THORのオリジナルテンプレート6種類ができました!

このブログからTHE THOR(ザ・トール)をご購入くださった方に特典としてマニュアルをプレゼントしています。マネするだけでデザイン変更が簡単にできます。

ガーリー

シンプル
オーガニック


※残りの3種類とブログの全体像は以下の記事で見れますのでよかったらご覧ください。

⇒ 【簡単な使い方】THE THORデザインの事例集6選!初心者でも作れるアレンジを紹介!

//今なら、なつ特製オリジナルデザインマニュアル付き!\\

【初心者必見!】THE THOR(ザ・トール)の購入8特典!割引についても調査!【WordPressテーマ】

 

THE THOR(ザ・トール)のプラグイン  【必須】

THE THOR(ザ・トール)の着せ替え機能を使う場合には以下のプラグインが必要になります。

  • Customizer Export/Import (着せ替えするなら必須!)

着せ替えのデーターをWordpressに入れるためのプラグイン。

 Customizer Export/Importはワードプレスのファイルなどをエクスポートしたりインポートできるようにする機能です。

THE THOR(ザ・トール)の一番の機能が着せ替えですので、あらかじめTHE THOR(ザ・トール)で用意されたレイアウトをそのまま引き込むためにこのプラグインが必要です。

THE THORは高機能がゆえにカスタマイズする部分も多いです。慣れた人なら良いんですが、慣れないうちはこの着せ替え機能で取り込んだレイアウトを編集するようにすれば良いと思います。

 

↓ THE THOR(ザ・トール)の着せ替え機能の使い方は以下の記事が参考になります。

【動画あり!】THE THORの着せ替え機能の使い方と簡単アレンジ!使えない人必見!

 

THE THOR(ザ・トール)のプラグイン  【あった方が良い】

これは、ブログを運営していく上で必要なプラグインです。

  1. Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  2. Classic Editor
  3. Google XML Sitemaps
  4. BackWPup

 

1. Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

スパムからあなたのWordpressを守ってくれるプラグイン。

コメントをチェックしスパムらしきものをフィルターしたりブロックしてくれるのがこのプラグイン。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)は、ワードプレスをインストールすると最初から入っているプラグインです。

  • 自動的にすべてのコメントチェック、スパムらしきものをフィルター
  • 履歴によってどのコメントが捕獲or承認されあのか目で見れる
  • モデレーターでどのコメントがスパムか非スパムか判定されたかがわかる
  • コメントの本文に URL を表示

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
※今なら、8大購入特典をお付けしています!

2. Classic Editor

Gutenbergの新ブロックエディターではなく旧エディターで投稿するためのプラグイン。

 

WordPress5.0からリリースされた(Gutenberg)グーテンベルクというエディターがありますが、ブロック単位で積み上げていくタイプ。

今までのエディターは、ワードのように1枚の紙の上に文章を書き、画像を貼りというタイプでずっとこの画面っでした。

WordPressを更新するとガラリと違ったエディターが出てくるために使い勝手が悪いのが本音です。そこで、これまで慣れた従来エディターに戻すプラグインがClassic Editorです。

もちろん、新しい(Gutenberg)グーテンベルクで大丈夫な方はそのままでもOKです。

 

↓ Classic Editorの詳しい使い方は以下の記事が参考になります。

Classic Editor(ワードプレス)の設定方法!使いにくいWordPress5.0画面を戻す方法!

 

3. Google XML Sitemaps

サイトマップの自動生成、Googleへ通知をするプラグイン。

ブログを作っただけではすぐにGoogleは見てくれません。きちんとしたサイトマップという形を作っておきブログの中をクロールしてもらう必要があります。

プラグイン「Google XML Sitemaps」を導入するとサイトマップを自動生成してくれます。

4. BackWPup


記事のデータ等が消えてしまわないように自動でバックアップを取るプラグイン。

せっかく作った記事がちょっとしたスキに消えてしまうことがあります。そういった間違いを防ぐために一定期間でバックアップを取るように予約しておくことができます。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
※今なら、8大購入特典をお付けしています!

THE THOR(ザ・トール)のプラグイン 【相性が悪い】

相性の悪いプラグインとして公式から例が出ているのが以下のようなプラグインです。基本的にはキャッシュ系とSEO系のプラグインです。

  1. キャッシュ系プラグイン全般
  2. SEO系プラグインキャッシュ系プラグイン全般

 

なぜこれらのプラグインがTHE THOR(ザ・トール)に合っていないのか説明していきます。

 

1. キャッシュ系のプラグイン全般

基本的にTHE THOR(ザ・トール)には、キャッシュ機能と同じような性能がありますので、キャッシュ系の導入が必要ありません。

キャッシュ系のプラグインの中には機能に問題が抱えているものがあり、導入してもうまく機能しない場合があります。

特に、すでに組み込まれているPWAには強力なキャッシュ機能があるために、キャッシュ系のプラグインを導入すればお互い干渉を起こす可能性があります。

 

2. SEO系のプラグイン

THE THOR(ザ・トール)自体にSEOの機能が組み込まれているのでSEOのプラグインなしでも十分なSEO対策がされています。

もし、同じようなプラグインを入れるとキャッシュ系と同じようにバッティングする可能性もあります。

 

相性が悪くなりそうなキャッシュ系とSEO系のプラグインで例があげられています。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
※今なら、8大購入特典をお付けしています!

相性が悪い具体的なプラグイン

公式では、相性が悪いプラグインが出ています。実際には「SiteGuard WP Plugin」が画像の一部が表示されない事例が報告されています。

  • TinyMCE Advanced
  • Jetpack
  • SiteGuard WP Plugin

 

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディターの項目を増やしたり消したり機能を追加するためのプラグイン。

 

WordPress ビジュアルエディターに機能を追加していくプラグインです。

 

Jetpack

サイトのセキュリティのお手づだいや統計SNSの共有などをマルチにするプラグイン。

Jetpack はサイトのセキュリティの詳細を示し、総当たり攻撃や権限のないログインから保護します。

 

SiteGuard WP Plugin

セキュリティ強化のためのプラグイン。

不正ログインや管理ページ(/wp-admin/)への不正アクセス、コメントスパムなどからガードするセキュリティープラグイン。

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
※今なら、8大購入特典をお付けしています!

THE THOR(ザ・トール)のプラグイン 【場合別おすすめ】

必ず必要ではありませんが、ブログの作り方によってはあった方が良いおすすめプラグインをお伝えします。

EWWW Image Optimizer

小規模のブログにはあまり必要ありませんが、50記事以上の中規模以上のブログになってくると画像が重くなってくる場合があります。

「表示速度」もGoogleの評価のひとつと言われていますので、プラグインで画像を少しでも軽くしておきましょう。


画像のサイズを小さく圧縮できるプラグイン。

 

↓ このブログから大人気のTHE THOR(ザ・トール)を購入くださった方に特典をプレゼントしています。

【初心者必見!】THE THOR(ザ・トール)の購入8特典!割引についても調査!【WordPressテーマ】

 

初心者だからこそWordpress有料テーマ を使うべき理由

無料テーマを使うことで時間の無駄遣いをしていませんか?

  • 思い通りのデザインにできない
  • なかなか稼げない
  • アクセス数が増えない

 

こんな悩みを抱えていませんか?

 

稼ぐブログにしろ趣味ブログにしろ検索の上位にこなければなかなか読んでもらえません。もしあなたが稼ぐブログを作りたいなら、初心者の時に初期投資することはとても大事なことです。

 

Wordpressの有料テーマができる5つのこと

  1. 検索上位を目指せる
  2. 見た目が綺麗でおしゃれになる
  3. 機能が豊富で出来ることが多い
  4. 会員フォームなどのサポート
  5. 有名ブロガーも有料テーマを使っている

これまでにあげた5つの有料テーマの特徴を説明していきます。

1. 検索上位を目指せる

ブログを運営していく上で対策をしていかなければいけないのがSEO対策です。検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEO(SearchEngine Optimizationの略)です。

 

  • 情報の信頼性
  • ユーザーへの役立つ情報であるか?
  • スマホ・PCなどでストレスなく使える

 

などたくさんの要因がありますが、ブログを訪問した人があなたのブログの多くの記事を読んでくれるようなテンプレートの仕組みも有料テーマでは細やかに考えられています。

 

2. 見た目が無料テーマ以上に綺麗になる

シンプルが良いか、綺麗なテーマが良いのかそれぞれの好みによります。無料テーマは必要最低限のものを備えていますがやはりシンプルすぎていずれつまらなくなってしまいます。

有料テーマはデザイン性が高く自分の好きなデザインにもカスタマイズしやすいです。

出典:THE THOR 着せ替え「01」

↓ クリックで拡大します
出典:特製THE THORオリジナルアレンジ

 

3. 機能が豊富でできることが多い

今現在新しい機能として出てきたのが「着せ替え機能」です。過去にも賢威などにはベース色とパターンがありましたが最近ではアフィリなどはっきりと違った用途で使えるように作りこんでいます。

4. 会員フォーラムなどのサポート

なにかわからないことがあった場合、相談できる場所があるだけで安心できます。ここが無料テーマと一番違う部分、有料テーマでは売りっぱなしにしない工夫がされています。

5. 有名ブロガーも多数使用

稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。ブログ造りでは内容も非常に大事ですが、文章や扱っている分野が同じ程度ならやはり最後の勝負はテーマの構造などになります。

もしあなたが稼ぐブログを作りたいと考えているならば「有料」テーマも検討してみてください。

カスタマイズで悩んでいる時間、ブログの完成度、上位に表示するメリットなど考えると有料テーマはあなたのお役にたちます。


当ブログおすすめのWordPressテーマ!

 

WordPressテーマ「THE・THOR」

  • 高機能の最新テーマで有名ブロガーも使用
  • 着せ替え機能でいろんな用途に使える
  • 複数のブログに使える(本人のブログ)
  • 会員フォーラムやマニュアル完備

 

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です