元サラリーマンブロガーなつのプロフィール

ストーク(STORK)とハミングバード(Hummingbird)の違いを解説!どっちが使いやすい?

こんにちは!ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。

WordPressの有料テーマでバランスの取れたOPENCAGEのテンプレート。「見やすい」「使いやすい」と多くのブロガーが使っています。

OPENCAGEの今一番人気のSTORK(ストーク)と定番ハミングバード(Hummingbird)の違いをお伝えしていきます。

 

OPENCAGEには4種類のWordpress有料テーマがあります

STORK(ストーク)を販売しているOPENCAGEという会社では、4種類の有料テーマがあります。
ハミングバード(Hummingbird)も初期のころに販売されていました。

  • SWALLOW(スワロー)9,900(税込)
  • STORK(ストーク)10,800(税込)
  • Hummingbird(ハミングバード)7,980(税込)
  • ALBATROS(アルバトロス)7,980(税込)

 

 

当時、私は芸能トレンドブログを作っていたのですが、ライバルチェックすると結構OPENCAGEのテーマが検索上位に来ていることが多かったのを記憶しています。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」

【初心者必見!】THE THOR(ザ・トール)の購入特典!割引についても調査!【WordPressテーマ】


※今なら、8大購入特典をお付けしています!

 

STORK(ストーク)とハミングバード(Hummingbird)の違い一覧表

ストーク(STORK) ハミングバード(Hummingbird)
  
値段 10,800円(税込) 7,980円(税込)
監修 ブログマーケッターJUNICHI監修
特徴 「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわりモバイルファーストを実践 シンプルなデザインながら、アニメーション効果でさり気なくパワフルにコンテンツを目立たせる。
ショートコード 標準装備 標準装備
スライドショー 設置が簡単 設置が簡単
ランディングページ作成 投稿ページでできる
広告設置
ウィジェット機能
表示速度(当方調べ) 70%※1 70%※1
商用サイト OK OK
複数ブログに使用 ×(1回のみ) ×(1回のみ)
サポート 購入から30日間は無料メールサポート 購入から30日間は無料メールサポート

※1、公式デモサイトの表示速度で確認しています。データはその時の条件などで左右するためにあくまでも目安としてご覧になってください。

ストーク(STORK)はハミングバード(Hummingbird)の後に発売されています。ハミングバードやアルバトロスの良い部分を引き継ぎながらもっと使いやすくしたのがストークです。

 

高機能なのに使いやすいワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

ストーク(STORK)とハミングバード(Hummingbird)のデザインの違い解説

ストーク(STORK)とハミングバード(Hummingbird)は同じ会社が出しているので基礎部分では似ています。

そこで、デザイン部分がどれくらいの違いがあるのか公式のデモサイトを比較してみましょう

STORK(ストーク)とハミングバード(Hummingbird)デザイン違い全体像

それぞれのデモ画面を並べてみましょう。ハミングバードが先に発売されていますが、ボタンの配置やタイトルなどかなり似ています。

STORK(ストーク)

SWALLOW(スワロー)

 

 

プロが作ったカッコいいデザインのワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

STORK(ストーク)の特徴的な機能

  1. ショートコード標準装備
  2. バイラルメディア風レイアウト
  3. スライダー
  4. 記事下にFacebookいいねボックス設置
  5. 記事一覧表示レイアウト 

 

1. ショートコードがついている

STORK(ストーク)に標準装備されているショートコード。Facebook風吹き出しなどオリジナリティあふれたものもあります。

「囲い枠」「大きなボタン」などハミングバードにもありますが、マイナーチェンジを加えて使いやすくなっています。

 

2. バイラルメディア風レイアウト

STORK(ストーク)では記事を書くエディター部分でレイアウトを変更することが可能。「1カラム」「2カラム」「バイラル風」と見た目にも違うランディングページが出来上がります。

2カラム

1カラム

バイラル風

この編集がボタンひとつで可能です。エディターの右側に記事レイアウトという項目がありますのでラジオマークにクリックするだけ!

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

3. スライダー

沢山見てほしい記事がある場合スライドショーはとても便利です。STORK(ストーク)でも簡単に設置できますので注目度が高いです。

PC画面のスライダーをスマホでも忠実に再現できるのも魅力のひとつ。その画面にも「お知らせ」が残りますので読者の行動を誘導しやすいです。

 

4. 記事下にFacebook「いいね」誘導

STORK(ストーク)はSNSボタンが標準装備です。それ以外にもFacebookの「いいね」をつけてもらうための特別な場所を設置できるのがとても便利。

FacebookページのURLをコントロールパネルにコピペで入れるだけです。

出典:STORK(ストーク)

 

5. 記事の表示レイアウトが4種類

たくさんの記事を読んでもらうために記事一覧は見やすい方が良いですよね?STORK(ストーク)では記事を「カード型」「マガジン型」など見せ方を工夫することができます。

基本形

カード式

 

 

 

 

ハミングバード(Hummingbird)の特徴的な機能

  1. ショートコードを標準装備
  2. アニメーション
  3. スライドショー設置
  4. グローバルナビ
  5. すっきりしたモバイル画面

 

ハミングバードの最大の特徴は「アニメーション効果」です。画像が上から降りてきたり大きくなったりと同時期に発売されたアルバトロスと差別化されています。

 

1. ショートコードを標準装備

ハミングバードではショートコードが標準装備されています。OPENCAGEのショートコードはどのテーマもほとんど同じ。

「数多くのボタン」「関連記事」「囲い枠」「吹き出し」などショートコードが豊富です。

 

ボタンも使いやすいものが多いのでOPENCAGE製のテンプレートはおすすめです。そして吹き出しで面白いのがFacebook風なものとライン風なもの。

ちょっと他では見ない吹き出しなので、SNS風にするのも楽しいです。

 

2. アニメーション効果

ハミングバードの一番特徴的な部分はアニメーション効果です。固定された画像などが動くことによって訪問した人の目を引き印象的になります。

TOPページでも個別記事でも画像部分とタイトルが上から降りてきたりスライダーが動きます。

出典:ハミングバード

アニメーションは停止することもできるので、もしいらない場合には調整できます。

 

ブロガーに大人気のワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

3. スライドショー設置

スライドショーは一般で取り入れようとするとプラグインを入れたりととても手間です。ハミングバードやSTORK(ストーク)では簡単な方法でスライドショーを設置できます。

どれだけ簡単かというと・・・

投稿 → タグ

これで、スライダーの設定は完了です。任意の名前をスライダーに載せたい記事のタグ部分に入力するとスラドショーの1記事として登録できます。

 

4. グローバルナビ

初期に販売していたハミングバードやアルバトロスのグローバルナビが結構見やすくて個人的には好きです。文字が微妙に大きくて見やすいんですよね。

2階層も設定できますので、記事数が多いものなんかも使えます。

 

5. すっきりしたモバイル画面

ここ数年、スマホなどのモバイルからのブログへの訪問者がほとんどとなっています。なのでモバイル画面が充実しているのは必須。

ハミングバードは発売は若干古いですがスマホ画面はとてもスッキリしています。

出典:ハミングバード

 

カッコよくカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

STORK(ストーク)とハミングバード(Hummingbird)の違いまとめ

OPENCAGEのテーマは基本的な機能は似ています。STORK(ストーク)はハミングバードやアルバトロスを基本にして機能を追加したりデザインをアレンジしたものです。

  • スライドショー
  • URLの誘導ボタン
  • ヘッダーの位置
  • 記事一覧のカード表示
  • 1~2カラム
  • タイトルの動的な表示

 

ハミングバード(Hummingbird)の特徴はアニメーション効果がいたるところにちりばめられているところです。ストーク(STORK)についてはTOPページに多少アニメーション効果があります。

 

ストーク(STORK)とハミングバード(Hummingbird)の違い

大きく分けると以下のような違いがあります。

  • アニメーション効果(ハミングバード)
  • 背景画像の設置(ストーク)
  • TOPページお知らせ機能(ストーク)
  • 記事レイアウト変更機能(ストーク)
  • TOPページのタイトルレイアウトの変更(ストーク)

 

ハミングバードは、動的な部分が画像部分にふんだんに使われていますし、後発で販売されたストークでもTOPページに使われています。

シンプルが好きならハミングバードでも十分使えますし、もう少しデザイン性を高めたいならストークにすると良いと思います。

 

上位表示を狙うならワードプレステーマ「THE・THOR」がおすすめ

※今なら、4大購入特典をお付けしています!

【結果】ストーク(STORK)とハミングバード(Hummingbird)のどっちが向いている?

さて、それではあなたにはストーク(STORK)とハミングバード(Hummingbird)のどちらが向いているのでしょうか?

ストーク(STORK)が向いているブログテーマ

  • 海外旅行
  • 芸能ブログ
  • ペット
  • 子育て
  • スイーツ
  • 美容

 

STORK(ストーク)のヘッダー部分には誘導ボタンがありますので、広告など貼って稼ぐブログを作りたい方にはこちらの方が向いています。

ハミングバード(Hummingbird)が向いているブログテーマ

  • お笑い
  • スポーツ特化
  • イラスト
  • マガジン

 

多くのカテゴリーのないブログテーマがハミングバードに向いています。アイキャッチも動きがありますので写真が多いブログにも向きます。

なつの5段階評価

比較的によく似た機能なので、あとは好みで選んでも問題ないと思います。私はやはり1年でもあとに発されたSTORK(ストーク)を選びます。

 STORK(ストーク)の5段階評価

  • 初心者向け 
  • 機能性 
  • 趣味向け 
  • ビジネス向け 
  • オシャレ度 

ハミングバード(Hummingbird)の5段階評価

  • 初心者向け 
  • 機能性 
  • 趣味向け 
  • ビジネス向け 
  • オシャレ度 

STORK(ストーク)を実際に使ってみた感想の記事がSTORK(ストーク)の評判!実際に使ってみた感想と口コミ【WordPressテーマ】です。

 

↓ このブログから大人気のTHE THOR(ザ・トール)を購入くださった方に特典をプレゼントしています。

【初心者必見!】THE THOR(ザ・トール)の購入特典!割引についても調査!【WordPressテーマ】

 

初心者だからこそWordpress有料テーマ を使うべき理由

無料テーマを使うことで時間の無駄遣いをしていませんか?

  • 思い通りのデザインにできない
  • なかなか稼げない
  • アクセス数が増えない

こんな悩みを抱えていませんか?

 

稼ぐブログにしろ趣味ブログにしろ検索の上位にこなければなかなか読んでもらえません。もしあなたが稼ぐブログを作りたいなら、初心者の時に初期投資することはとても大事なことです。

 

Wordpressの有料テーマができる5つのこと

  1. 検索上位を目指せる
  2. 見た目が綺麗でおしゃれになる
  3. 機能が豊富で出来ることが多い
  4. 会員フォームなどのサポート
  5. 有名ブロガーも有料テーマを使っている

これまでにあげた5つの有料テーマの特徴を説明していきます。

1. 検索上位を目指せる

ブログを運営していく上で対策をしていかなければいけないのがSEO対策です。検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEO(SearchEngine Optimizationの略)です。

 

  • 情報の信頼性
  • ユーザーへの役立つ情報であるか?
  • スマホ・PCなどでストレスなく使える

 

などたくさんの要因がありますが、ブログを訪問した人があなたのブログの多くの記事を読んでくれるようなテンプレートの仕組みも有料テーマでは細やかに考えられています。

 

2. 見た目が無料テーマ以上に綺麗になる

シンプルが良いか、綺麗なテーマが良いのかそれぞれの好みによります。無料テーマは必要最低限のものを備えていますがやはりシンプルすぎていずれつまらなくなってしまいます。

有料テーマはデザイン性が高く自分の好きなデザインにもカスタマイズしやすいです。

出典:THE THOR 着せ替え「01」

↓ クリックで拡大します
出典:特製THE THORオリジナルアレンジ

 

3. 機能が豊富でできることが多い

今現在新しい機能として出てきたのが「着せ替え機能」です。過去にも賢威などにはベース色とパターンがありましたが最近ではアフィリなどはっきりと違った用途で使えるように作りこんでいます。

4. 会員フォーラムなどのサポート

なにかわからないことがあった場合、相談できる場所があるだけで安心できます。ここが無料テーマと一番違う部分、有料テーマでは売りっぱなしにしない工夫がされています。

5. 有名ブロガーも多数使用

稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。ブログ造りでは内容も非常に大事ですが、文章や扱っている分野が同じ程度ならやはり最後の勝負はテーマの構造などになります。

もしあなたが稼ぐブログを作りたいと考えているならば「有料」テーマも検討してみてください。

カスタマイズで悩んでいる時間、ブログの完成度、上位に表示するメリットなど考えると有料テーマはあなたのお役にたちます。


当ブログおすすめのWordPressテーマ!

 

WordPressテーマ「THE・THOR」

  • 高機能の最新テーマで有名ブロガーも使用
  • 着せ替え機能でいろんな用途に使える
  • 複数のブログに使える(本人のブログ)
  • 会員フォーラムやマニュアル完備

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です