こんにちは!ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。

最近のテーマでは、機能性プラスデザインが求められます。その中でも企業のホームページに近い美しいクール系デザインと見た目に楽しい可愛い系デザインがあります。

  • クール系デザイン: THE THOR(ザ・トール)、Diver
  • 可愛い系デザイン: SANGO、JIN、STORK
  • 中間: STORK、WING

基本デザインをざっくりと分けると上記のようになります。THE THORとSANGOはまさしく対象的なデザインなので好みがハッキリ分かれてくるテーマだと思います。

クール系デザインのTHE THOR(ザ・トール)と可愛い系デザインのSANGOを比較してみます。

2021年話題のワードプレステーマ「THE・THOR」!
⇒ THE・THORの公式ページを確認する。
※今なら、8大購入特典をお付けしています!

目次

THE THOR(ザ・トール)とSANGOの比較一覧表

THE THOR(ザ・トール)とSANGOはデザイン性においてはまったく違うイメージを持たれるのではないでしょうか?

SANGOは水色系の色合いや見出し、囲い枠などのそれぞれのパーツもとても可愛いデザインで、一方、THE THOR(ザ・トール)はシャープな美しさがあります。

THE THORSANGO
値段16,280円(税込)11,000円(税込)
おすすめ用途全ての用途個人ブログ
デザイン着せ替え機能1つだけ
ヘッダー静止画・背景動画・スライドショー2分割可能
アイコンなど付属品アイコン498種類見出し
囲み枠
ボタン
カエレバ・ヨメレバ
初心者向け
ショートコード標準装備標準装備
スライドショー標準装備なし
ランディングページ標準装備
広告設置タグ管理機能広告管理画面
ウィジェット機能
ランキング作成なし
CTA
プラグイン不要簡易お問い合わせ機能
関連記事
目次作成
表示速度85%※1(PC)80%※1(PC)
SEO対策
AMP×
複数ブログに使用OKOK(購入者が所有するサイト)
サポート会員フォーラムコメントでやりとり

※1、公式デモサイトの表示速度で確認しています。データはその時の条件などで左右するためにあくまでも目安としてご覧になってください。

THE THOR(ザ・トール)とSANGOの大きな違いはやはりデザイン。THE THOR(ザ・トール)は映える色やパステルなどパターン化して着せ替え機能として選択できるようになっていますが、SANGOは水色とパステルカラーでまとめた1パターンのみです。

SANGOは「赤」「黒」「緑」にするための参考色がありますが基本色の「水色」ベースよりそれほど可愛くなくて、自分で全部(10か所程度)の色を変更しないといけないので面倒だったりします。

SANGOは水色ベースで使うのが無難なのですが、他のブログと被りますし、他のデザインがないので正直飽きるんですよ・・・。

あと、アフィリエイトのような稼ぐ系のブログにはTHE THOR(ザ・トール)の方が向いています。ものにもよりますが、アフィリエイトって文章と勧める画像が主役なのでできるだけシンプルにすることがあります。

かわいいSANGOのようなテーマは稼ぐ系よりも趣味ブログに向いていると思います。

稼ぐ系のブログにしたいなら基本的なレイアウトが用意されていてヘッダー画像などを変化させてイメージを変えていくことからやはりTHE THOR(ザ・トール)の方が使い勝手が良いでしょう。

↓ Wordpressテーマ「THE THOR」公式デザインに芸大卒なつのデザイン10種類追加!

THE THORデザインのマニュアルプレゼント中!

人気のTHE THORのオリジナルテンプレート6種類+5種類(NEW)ができました!

当ブログで購入していただくと、公式の9種類のデザインと追加の10種類が無料で手に入ります!

↓ クリックで拡大します。

※デザインの全体像は以下の2記事をご覧ください。
【超簡単】THE THORデザインの事例集6選!初心者でも作れるアレンジ!
⇒ 追加デザイン4種はコチラから見ることができます。

//たった30記事で稼いだ実録記事(2,980円相当)付き!\\

※ヘッダーの画像は、写真ACとイラストACのイラストレーターさん方の作品です。特典内でURLをお伝えしています。

THE THORとSANGOのデザインの比較解説

THE THOR(ザ・トール)とSANGOの見た目ははっきりと違います。

あくまでもシンプルで上品なレイアウトとデザインのTHE THOR(ザ・トール)に対してどんなブログに使っても「あ・・・これはSANGOだ!」とわかるくらい個性的です。

THE THOR(ザ・トール)は高級感・清潔感がありますし、SANGOには可愛さの他にインパクトがあります。

ここからはTHE THOR(ザ・トール)とSANGOのデザインの違いを見ていきます。

 

THE THOR(ザ・トール)とSANGOデザイン比較

それぞれのデモ画面を並べてみましょう。もちろんどちらもカスタマイズでイメージは変更可能ですが、THE THOR(ザ・トール)は背景の色や画像を変更することでイメージが変わります。

 

↓クリックで拡大します。

出典:THE THOR(ザ・トール)

 

↓クリックで拡大します。


出典:SANGO

 

THE THOR(ザ・トール)とSANGOを2つ並べてみました。THE THOR(ザ・トール)の方はSANGOよりの似たデザインのものを比較しています。

その他、THE THOR(ザ・トール)の着せ替えの中でも少しイメージの違うものは以下のようなデザインです。

↓クリックで拡大します。

THE THOR(ザ・トール)のヘッダーには動画の設定が可能なので、実際はこのヘッダー画像には動きがあります。

 

↓優秀な無料テーマと有料テーマを調査した記事です!

関連記事

ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。ブログで稼ぐことや、できるだけ多くの人に読んでもらおうと思ったら、検索の上位表示が大事になってきます。検索の上位に自分の記事を上げていくとき、的確なキーワード、キーワードに[…]

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」!
THE THORの公式ページを確認する
※今なら、8大購入特典をお付けしています!

THE THOR(ザ・トール)の特徴的な機能

THE THOR(ザ・トール)の機能は54種類あります。SEO対策だけでも11種類ありますが、その中でも特徴的なものをお伝えします。

 

  1. SEO対策
  2. 簡易お問い合わせフォーム
  3. 着せ替え機能
  4. 目次作成機能
  5. 最新コーディング
  6. 見える化システム
  7. 100%レスポンシブデザイン
  8. AMP対応・PWA対応

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
⇒ THE THORの公式ページを確認する。

※今なら、8大購入特典をお付けしています!

1.  SEO対策

THE THOR(ザ・トール)では、AMP・PWA以外にもSEO対策が装備されています。上位表示のための施策がされているためにSNSでも表示が早いと評判です。

  • HTML5+CSS3による最新のコーディング
  • 構造化マークアップした本文
  • 内部SEO対策
  • 記事ごとにmeta descriptionを設定可能

 

集客ができるテーマというのがこのTHE THOR(ザ・トール)の特徴です。

THE THOR(ザ・トール)の評判記事は、【THE THORのテーマ評判】実際使っている人の感想と口コミ。【ザ・トールのテンプレート】をご覧ください!

 

2. 簡易お問い合わせフォーム装備

THE THOR(ザ・トール)ではプラグインなしで簡易のフォームが作れますので難しくはありません。

これはSEO対策にも通じるのですが、あまり入れすぎると重くなる原因になるプラグインを導入しなくても基本的なお問い合わせフォームが標準装備されています。

出典:THE THOR(ザ・トール)

自動返信機能も標準装備しているので、簡単に設置できます。

 

3. 着せ替え機能

THE THOR(ザ・トール)のデザインパターンは多くはないですが、アフィリエイトやランキング専用などワンクリックで変更できるという部分では機能的に使いたい人にとってはとても便利です。

  • アフィリエイト用
  • ランキングサイト用
  • アドセンス用
  • 趣味ブログ用

それぞれのブログに展開できるようになっています。

 

アフィリエイト用

ランキング用

アドセンス向け

趣味ブログ向け

 

アドセンス用と趣味ブログはどちらに使っても綺麗なブログができます。もしそのまま使わないなら自分が好きな動画や画像を持ってきてヘッダーにすることができるため印象が変わります。

ブログによっては、多くのカテゴリーが必要となる場合がありますが、そんな場合でもスライダーなどで見せる記事を作るとスマートになります。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
⇒ THE THORの公式ページを確認する。

※今なら、8大購入特典をお付けしています!

4. 目次作成機能

プラグインを入れて目次を作った人も多いと思います。SANGOも同じで、Table Of Contents Plus(TOC+)を導入してから目次を作ります。

しかし、THE THOR(ザ・トール)では、プラグインを極力少なくするため目次も標準装備となっています。

 

5. 最新コーディング

HTML5+CSS3による最新のコーディングを施しているために、検索エンジンとの相性がよく評価が高くなるようになっています。

見た目にはわかりづらい部分ですが、上位表示などの体験をされているユーザーも多いです。

 

6. 見える化システム

自分のブログにどれだけの人が集まってきたのかブロガーの人はアナリティクスなどの分析を導入していますが、THE THOR(ザ・トール)では、投稿の一覧ページで「閲覧数」などを確認することができます。

アナリティクスの導入は結構大変なので簡易的なものではありますがとても重宝します。

出典:THE THOR(ザ・トール)

  • 総合閲覧数
  • 平均閲覧数
  • タイトル文字数
  • 本文文字数
  • タイトル内キーワード数
  • 本文内キーワード数
  • 内部リンク数
  • 外部発リンク数

 

7. 100%レスポンシブデザイン

100%レスポンシブとは、PCやモバイルなどどの画面を見ても崩れないデザインやレイアウトということです。

トレンドブログなどは最近ではスマホからの訪問が大半のため、画面が崩れないのは重要です。

 

8. AMP対応・PWA対応

最近でえはASPでもAMP対応の広告が出てきましたよね。

AMPとは、GoogleとTwitterが共同で開発しているモバイル端末でWEBサイトを高速表示させる技術のことで、PWAとはグーグルがすすめているモバイルの高速表示ための革新的な技術のことです。

THE THOR(ザ・トール)ではSEO対策はどのテーマよりも力を入れています。

 

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
⇒ THE THORの公式ページを確認する。

※今なら、8大購入特典をお付けしています!

SANGOの特徴的な機能

SANGOは、居心地の良さを追求したテーマです。基本的にはそれまでブログではあまりなかったような可愛い系のデザインとなっています。

ただ、今現在チラホラ出てきている着せ替え機能がなくどちらかと言えばカスタマイズのマニュアルを見ながら自分なりのアレンジを加えていくという操作になります。

ただ、作られているパーツやラインは全体的にマッチするようになっているデザインなのでそのまま使えますし、少し変えたいときには子テーマにCSSを追加していきます。

割と頻繁にアップロードがあり、その都度新しい機能が追加されます。

 

  1. ヘッダーアイキャッチアレンジ
  2. タブ切替機能
  3. ブログパーツが豊富
  4. フォローボックス
  5. カエレバ・ヨメレバ
  6. 関連記事のデザインパターン

 

1. ヘッダーアイキャッチアレンジ

SANGOのヘッダーは、文字を入れたり2分割にしたりとアレンジが可能です。

  1. ヘッダーに誘導ボタンとタイトル表示
  2. 画像の大きさ調整
  3. 2分割表示

 

1. ヘッダーに誘導ボタンとタイトル表示

無料テーマのSidneyと同じようにSANGOのヘッダーにはタイトルやブログの説明、誘導ボタンの設置が可能です。

これがデフォルトの大きさです。ランディングページのバイラル風のように横画面いっぱいになっています。

2. 画像の大きさ調整

ヘッダーは少し小さめに調整できます。

この操作はヘッダー設定の画面でワンクリックで可能。

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
⇒ THE THORの公式ページを確認する。

※今なら、8大購入特典をお付けしています!

3. 2分割表示

SANGOではヘッダーが2分割に設定できます。相対する画像を持って来れば目を引きますし、無地+写真としてもインパクトがあります。

なにより、その画面上にタイトルやボタンを設置することができます。

 

2. タブ切り替え機能

SANGOのトップページでタブの設定ができます。

出典:SANGO

このタブの色設定も自分でできるのですが、グラデーションなどにもできるのでデザイン性は高いです。

 

3. ブログパーツが豊富

SANGOはデザインに力を注いでいるテーマなので、ブログパーツがたくさんあります。

見出しには、肉球やリボンなどのものもありいろんな使い方ができますが、少し多すぎるので何を使おうかと悩むこともあります。

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
⇒ THE THORの公式ページを確認する。

※今なら、8大購入特典をお付けしています!

4. フォローボックス

記事の一番最後にツイッターやSNSでフォローしてほしい場合に便利なのがフォローボックスです。画像を指定しその上に文字などを入れると人間味がでてくるので効果が高いです。

 

5. カエレバ・ヨメレバ

アマゾンや楽天のアフィリエイトをしている場合、良く見かけるのが誘導ボタンがあるボックスです。カエレバとヨメレバの名前で親しまれているアイテムがSANGOで導入できます。

 

 

6. 関連記事のデザインパターン

 

 

 

↓ THE THOR(ザ・トール)についてもう少し詳しく知りたい方はこの記事をどうぞ!

 

 

THE THOR(ザ・トール)とSANGOの比較まとめ

THE THOR(ザ・トール)とSANGOの見た目には差がありますが基礎になっている部分はどちらにも備わっています。

THE THORとSANGOの共通した機能

  • SEO対策
  • 囲い枠やライン、見出しが豊富
  • レスポンシブデザイン
  • 広告設置機能
  • 目を引くデザイン
  • プラグインなしの機能がある

 

内部SEO対策やアレンジなど基本的な部分は双方押さえていますしアフィリエイト用の施策もキチンとされています。

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」
⇒ THE THORの公式ページを確認する。

※今なら、8大購入特典をお付けしています!

 

THE THORとSANGOの違い

  • AMP・PWAなど高速表示の施策(THE THOR)
  • 見える化での分析機能(THE THOR)
  • 簡易お問い合わせ機能(THE THOR)
  • カエレバ・ヨメレバ(SANGO)
  • ヘッダー2分割(SANGO)
  • 追尾サイドバー(SANGO)

 

大きく分けると以上のような違いがあります。

↓ THE THOR(ザ・トール)とAFFINGER5(WING)の比較をしています!

関連記事

こんにちは!ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。[template id="15990"]有料テーマの中でも特に人気のある「THE THOR」と「AFFINGER6」。機能的はどちらも多くSEO対策な[…]

 

【結果】THE THORとSANGOのどっちが向いてる?

さて、THE THORとSANGOのどっちがあなたに向いているのでしょう?好みにもよりますがデザインや機能から以下のようなブログやサイトに向いています。

 

THE THORに向いているのは

  • アフィリエイトブログ
  • アドセンスブログ
  • ビジネスブログ
  • ニュースサイト
  • マガジンサイト
  • 初心者~上級者

 

THE THOR(ザ・トール)は「上位表示」のための完璧なSEO対策がなされているために、集客が必要になるアドセンスブログや、アフィリエイトに向いています。

もちろん、趣味ブログにも使えますし、エステサロンに使えそうなデザインもあります。

初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」

SANGOに向いているのは

  • 趣味ブログ
  • アドセンス
  • ペットブログ
  • アニメブログ
  • 映画ブログ
  • ドラマブログ
  • 中級者~

 

SANGOには基本のSEO対策もされているので問題なく使えますし、星評価のショートコードなどもあります。SANGOのデザインのこだわりようがすごいので見た目で気に入る人も多いでしょう。

もし、普通に記事を作れば可愛く仕上がるデザインはやはり他にはありません。ただし、SANGOのカスタマイズは結構難しいのであまりワードプレスに慣れていない人はしんどいと思います。

絶対可愛いデザインならSANGO、綺麗でシンプルなデザインと集客を考えるならTHE THOR(ザ・トール)が良いと思います。

↓ Wordpressテーマ「THE THOR」公式デザインに芸大卒なつのデザイン10種類追加!

THE THORデザインのマニュアルプレゼント中!

人気のTHE THORのオリジナルテンプレート6種類+5種類(NEW)ができました!

当ブログで購入していただくと、公式の9種類のデザインと追加の10種類が無料で手に入ります!

↓ クリックで拡大します。

※デザインの全体像は以下の2記事をご覧ください。
【超簡単】THE THORデザインの事例集6選!初心者でも作れるアレンジ!
⇒ 追加デザイン4種はコチラから見ることができます。

//たった30記事で稼いだ実録記事(2,980円相当)付き!\\

※ヘッダーの画像は、写真ACとイラストACのイラストレーターさん方の作品です。特典内でURLをお伝えしています。

なつの5段階評価(2テーマ比較)

SEOならTHE THOR(ザ・トール)、デザインと装飾ならSANGOを選ぶと良いと思います。

THE THOR(ザ・トール)もデザインは美しいので問題ありません。ただ大きく違うのはSEO対策のひとつ「表示速度」とカスタマイズしやすいかどうか。

THE THOR(ザ・トール)では着せ替えなどが用意されているので、いろんな用途のブログに使えます。しかし、SANGOは1つのデザインだけなのでガラリと変えるにはある程度カスタマイズが必要です。

 

 THE・THOR(ザ・トール)の5段階評価

  • 初心者向け 
  • 機能性 
  • 趣味向け 
  • ビジネス向け 
  • オシャレ度 

SANGOの5段階評価

  • 初心者向け 
  • 機能性 
  • 趣味向け 
  • ビジネス向け 
  • オシャレ度 

THE THOR(ザ・トール)もSANGOも雰囲気は違いますがデザインは綺麗です。

 

↓ 当ブログからWordpressテーマTHE THORを購入くださった方に特典をプレゼントしています。

関連記事

ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。THE THORは初心者の方でもブログ戦略が立てやすい優秀なWordpressテーマです。基本となっているのがFITという会社のLIONBLOGという無料テーマ。こ[…]

初心者だからこそWordpress有料テーマ を使うべき理由

無料テーマを使うことで時間の無駄遣いをしていませんか?

  • 思い通りのデザインにできない・・・
  • なかなか稼げない・・・
  • アクセス数が増えない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

 

稼ぐブログにしろ趣味ブログにしろ検索の上位にこなければなかなか読んでもらえません。もしあなたが稼ぐブログを作りたいなら、初心者の時に初期投資することはとても大事なことです。

 

Wordpressの有料テーマができる5つのこと

  1. 検索上位を目指せる
  2. 見た目が綺麗でおしゃれになる
  3. 機能が豊富で出来ることが多い
  4. 会員フォームなどのサポート
  5. 有名ブロガーも有料テーマを使っている

これまでにあげた5つの有料テーマの特徴を説明していきます。

1. 検索上位を目指せる

ブログを運営していく上で対策をしていかなければいけないのがSEO対策です。検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEO(SearchEngine Optimizationの略)です。

 

  • 情報の信頼性
  • ユーザーへの役立つ情報であるか?
  • スマホ・PCなどでストレスなく使える

 

などたくさんの要因がありますが、ブログを訪問した人があなたのブログの多くの記事を読んでくれるようなテンプレートの仕組みも有料テーマでは細やかに考えられています。

 

2. 見た目が無料テーマ以上に綺麗になる

シンプルが良いか、綺麗なテーマが良いのかそれぞれの好みによります。無料テーマは必要最低限のものを備えていますがやはりシンプルすぎていずれつまらなくなってしまいます。

有料テーマはデザイン性が高く自分の好きなデザインにもカスタマイズしやすいです。

出典:THE THOR 着せ替え「01」

↓ クリックで拡大します
出典:特製THE THORオリジナルアレンジ

 

3. 機能が豊富でできることが多い

今現在新しい機能として出てきたのが「着せ替え機能」です。過去にも賢威などにはベース色とパターンがありましたが最近ではアフィリなどはっきりと違った用途で使えるように作りこんでいます。

4. 会員フォーラムなどのサポート

なにかわからないことがあった場合、相談できる場所があるだけで安心できます。ここが無料テーマと一番違う部分、有料テーマでは売りっぱなしにしない工夫がされています。

5. 有名ブロガーも多数使用

稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。ブログ造りでは内容も非常に大事ですが、文章や扱っている分野が同じ程度ならやはり最後の勝負はテーマの構造などになります。

もしあなたが稼ぐブログを作りたいと考えているならば「有料」テーマも検討してみてください。

カスタマイズで悩んでいる時間、ブログの完成度、上位に表示するメリットなど考えると有料テーマはあなたのお役にたちます。


WordPressテーマ「THE・THOR」

  • 高機能の最新テーマで有名ブロガーも使用
  • 着せ替え機能でいろんな用途に使える
  • 複数のブログに使える(本人のブログ)
  • 会員フォーラムやマニュアル完備

THE THORの8大特典を見てみる!