元サラリーマンブロガーなつのプロフィール

当ブログおすすめのテーマ!


\\//

✔徹底的に表示速度にこだわった完璧なSEO対策のテーマ!

高機能なのに初めてブログを作る人でもカスタマイズがしやすいテーマ。
ブログ作成の欲しい機能がギュッと詰まった今一番人気のテンプレートです。
今なら5大特典「たった30記事で15万円稼いだ方法」やオリジナルデザインマニュアルその他豪華特典付き!
 
詳しい内容は下記のボタンでご確認ください!

WordPressの便利なプラグイン!写真を使ってブログを見やすくするのはコレ!

こんにちは!ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。

ブログを作る上で文章も大事ですが、イメージとしていかに綺麗にわかりやすく画像を貼りつけるかを考えると思います。

何もない記事のみより画像が入ることでグッと信憑性が増しますし、説得力も生まれます。画像を上手に使うためのプラグインを3つをお伝えしていきます。

WordPressの便利なプラグイン1. 写真を拡大する「Easy FancyBox」

ブログの画像で、その上にカーソルを持っていくとビヨーンと大きくなるのを見たことはありませんか?もうちょっと画像を大きく詳しく見たいときとても便利ですよね。

これは、「Easy FancyBox」というプラグインを導入するとできます。

「Easy FancyBox」を使うとどうなるかというと、以下の右のような拡大画像が出てきます。

これは、かなり簡単に設置できますので、もしユーザビリティを考えるのなら導入すると便利です。この画像にするのに難しい設定とかはなしで導入のみですのですぐにできます。

「Easy FancyBox」の導入の手順

まずはEasy FancyBoxのダウンロードをしていきます。

▼ ダッシュボード ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加

上記の場所に「Easy FancyBox」と入力をします。

「Easy FancyBox」が出てきたら「今すぐインストール」をクリック。

次に「有効化」をクリックするとダウンロードが出来上がりです。

ここまでできれば、投稿ページに普通に画像を貼りつけてプレビューで確認すれば、画像が拡大されます。

 


初心者でも簡単にカスタマイズできるワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、5大購入特典をお付けしています!

【期間限定追加!】THE THOR(ザ・トール)の購入特典!割引についても調査!【WordPressテーマ】

 

WordPressの便利なプラグイン2. ギャラリーを作る「Foo Gallery」

記事の中に写真をたくさん集めたギャラリーを作って配置するプラグインをご紹介します。カスタマイズでの自由度が高い「Foo Gallery」です。

尚、「Foo Gallery」を使う場合に一緒に「FooBox Image Lightbox」も必要になりますので一緒にダウンロードしておいてください。

Foo Galleryは少し使い方が難しいのでできるだけ簡単な方法をお伝えしていきます。

  • Foo Gallery
  • FooBox Image Lightbox

上記の2つのプラグインをダウンロードしてください。

 

Foo Galleryでギャラリーを作る

2つのプラグインを導入したら、ギャラリーを作っていきます。

▼ 外観 ⇒ Foo Gallery ⇒ Add New Gallery

新しいギャラリーを作っていきます。

結構複雑なので、簡単にギャラリーを作る基本の方法をお伝えしていきます。

  1. タイトルの入力
  2. ギャラリーに入れる画像を追加
  3. ギャラリーの形式を選ぶ
  4. 写真同士の間隔を指定
  5. ギャラリーの位置を確認

 

最後に以下の部分を設定しておいてください。

どんなギャラリーになるのかプレビューを見てみます。

上の画像のタブをクリックすると自分の作っているギャラリーを確認することができます。たくさんのギャラリーの形がありますので見て調整をしていってください。

クリックをすると、以下のようになります。
画像の大きさ形がそのままになり、バランスよくはめ込まれているのがわかりますでしょうか?

こういったレイアウトや大きさを「3」のGallery Settingsで調整していきます。

 

↓ 簡易お問い合わせや関連記事などのプラグインは不要なテーマです。

高機能でカッコいいワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、5大購入特典をお付けしています!

ギャラリーを投稿ページに設置する。

このプラグインを導入すると投稿ページにボタンが現れます。そのボタンをクリックするとこれまでに作ったギャラリーが出てきますので選びます。

上の部分「Add FooGallery」をクリックするとこれまで作ったギャラリーが現れます。

設置ができればプレビューで確認し、公開をしてください。

テーマによっては、うまくギャラリーが設置できない場合がありますので、それぞれテーマに載せて確認してみてください。

↓ プラグインが面倒で難しいな~と感じているなら、THE THOR(ザ・トール)というテーマが便利です。プラグインが必要な拡張機能が複数備わっています。

テーマ自体に沢山の機能が付属されているワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、5大購入特典をお付けしています!

WordPressのプラグインなしでギャラリーを作る方法ってある?

これまでご紹介したプラグインFoo Galleryなどもとても便利なのですが若干使い方が難しい部分もあります。そこで、プラグインなしでギャラリーを作れないかと調べてみたら簡易的なものですが簡単に作れる方法がありましたので、ここで余談としてお伝えします。

メディアを使ってギャラリーを作る方法

WordPressの画像を入れておく場所のメディアを使ってギャラリーができますので作っていきましょう。

投稿ページで画像を挿入するときにメディアを追加で挿入していきます。そのメディアで簡単なギャラリーを作れます。

メディアを使ってギャラリーを作る手順

  1. 投稿ページのメディアを追加をクリック
  2. ギャラリー作成をクリック
  3. 画像を選ぶ
  4. ギャラリーの設定
  5. キャプチャを付ける場合画像に文章を加える
  6. 挿入する

 

1. 投稿ページのメディアを追加をクリック

メディアを追加をクリックします。

ストックした画像が出てきますので、そこからギャラリーを作っていきます。

2. ギャラリー作成をクリック

ギャラリーを作成をクリックして画像を選ぶ

3. 画像を選ぶ

ギャラリーに入れたい画像をクリックしていくと、下にどの画像を選んだのか目視できるようになります。

画像を選び終わったら、右下の「ギャラリーを作成」をクリック。

 

初心者でもカッコいいブログになるワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、5大購入特典をお付けしています!

4. ギャラリーの設定

ギャラリーをどんな風にするかここで決めます。

  • リンク先・・・「添付ファイルのページ」「メディアファイル」「なし」のどれか
  • カラム・・・ギャラリーの列の数
  • ランダム・・・ランダム表示にするかどうか
  • サイズ・・・「サムネイル」「中」「大サイズ」「フルサイズ」

 

5. キャプチャを付ける場合画像に文章を加える

画像に説明を文章で加えたいときにはここでキャプションを記入しておきます。できたら最後に「ギャラリーを挿入」をクリック。

6. 挿入する

挿入した画像のギャラリーはこのようになります。

もし、あなたがそれほどレイアウトや大きさなどにこだわりがないのなら、面倒なプラグインを入れずにWordpressのテーマに備わった機能でサクッと作れますのでプラグインの設定が難しく感じたらこの方法でも十分形になります。

 

↓ プラグインがちょっと面倒だと感じたら、極力プラグインを使わないように工夫されたテーマが便利です

拡張機能が備わっているワードプレステーマ「THE・THOR」

※今なら、5大購入特典をお付けしています!

WordPressの便利なプラグイン3. 写真に動きを加える「Meta Slider」

写真は綺麗に並べるのも効果的ですが、写真が流れてユーザーの目を楽しませる方法としてスライダーで動かすという方法もとられます。

写真でスライダーを作れるプラグイン「Meta Slider」をご紹介します。

Meta Sliderをダウンロード

まずは、Meta Sliderというプラグインをダウンロードしてください。ダウンロードのやり方は最初に説明した内容と全く同じです。

インストールが終わったら「有効化」します。

Meta Sliderの使い方手順

  1. 新しいスライダーの追加
  2. スライドの元になる写真を追加する
  3. スライダーの形式を設定
  4. 投稿ページでMeta Sliderを挿入する

 

まずは、ダッシュボードのMeta Sliderをクリックします。

右上に操作するアイコンが出てきますので新規に追加をしていきます。まずは新しいスライダーを作ります。

 

 

1. 新しいスライダーの追加

新しいスライダーの枠ができましたので、そこに写真を追加していきます。

2. スライドの元になる写真を追加する

一枚追加できれば再度「スライドを追加」していきます。一気に増やせないので若干面倒ですが、追加していってください。

追加できれば上のような状態になります。

3. スライダーの形式を設定

スライダーに載せたい写真が追加し終わったらどんなスライダーにするのか設定していきましょう。設定は右の部分でします。

どんなスライダーにするのか一番上の4つの中から選びます。

  • タイトル
  • 効果
  • 矢印

など必要部分を選んでいってください。

全て入力したら「保存」

すべての項目が入力し終わったら右上の「保存」をクリックすると、あなたが設定したタイトルのスライドショーが保存されます。

4. 投稿ページでMeta Sliderを挿入する

投稿ページに「スライダーを追加」というボタンができていますので、そこをクリックしてください。

どのスライダーにするのか選んでスライドショーを挿入をクリックします。

ショートコードが出てきますので、プレビューでうまく反映されているか確認してください。

 

↓ このブログから大人気のTHE THOR(ザ・トール)を購入くださった方に特典をプレゼントしています。

【期間限定追加!】THE THOR(ザ・トール)の購入特典!割引についても調査!【WordPressテーマ】

 

注意
ご紹介したプラグインはコチラでの検証では作動しましたが、テーマやネット環境によってうまく動作しない場合がありますのでご留意ください。

初心者だからこそWordpress有料テーマ を使うべき理由

無料テーマを使うことで時間の無駄遣いをしていませんか?

  • 思い通りのデザインにできない
  • なかなか稼げない
  • アクセス数が増えない

こんな悩みを抱えていませんか?

 

稼ぐブログにしろ趣味ブログにしろ検索の上位にこなければなかなか読んでもらえません。もしあなたが稼ぐブログを作りたいなら、初心者の時に初期投資することはとても大事なことです。

 

Wordpressの有料テーマができる5つのこと

  1. 検索上位を目指せる
  2. 見た目が綺麗でおしゃれになる
  3. 機能が豊富で出来ることが多い
  4. 会員フォームなどのサポート
  5. 有名ブロガーも有料テーマを使っている

これまでにあげた5つの有料テーマの特徴を説明していきます。

1. 検索上位を目指せる

ブログを運営していく上で対策をしていかなければいけないのがSEO対策です。検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEO(SearchEngine Optimizationの略)です。

 

  • 情報の信頼性
  • ユーザーへの役立つ情報であるか?
  • スマホ・PCなどでストレスなく使える

 

などたくさんの要因がありますが、ブログを訪問した人があなたのブログの多くの記事を読んでくれるようなテンプレートの仕組みも有料テーマでは細やかに考えられています。

 

2. 見た目が無料テーマ以上に綺麗になる

シンプルが良いか、綺麗なテーマが良いのかそれぞれの好みによります。無料テーマは必要最低限のものを備えていますがやはりシンプルすぎていずれつまらなくなってしまいます。

有料テーマはデザイン性が高く自分の好きなデザインにもカスタマイズしやすいです。

出典:THE・THOR

3. 機能が豊富でできることが多い

今現在新しい機能として出てきたのが「着せ替え機能」です。過去にも賢威などにはベース色とパターンがありましたが最近ではアフィリなどはっきりと違った用途で使えるように作りこんでいます。

4. 会員フォーラムなどのサポート

なにかわからないことがあった場合、相談できる場所があるだけで安心できます。ここが無料テーマと一番違う部分、有料テーマでは売りっぱなしにしない工夫がされています。

5. 有名ブロガーも多数使用

稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。ブログ造りでは内容も非常に大事ですが、文章や扱っている分野が同じ程度ならやはり最後の勝負はテーマの構造などになります。

 

もしあなたが稼ぐブログを作りたいと考えているならば「有料」テーマも検討してみてください。

カスタマイズで悩んでいる時間、ブログの完成度、上位に表示するメリットなど考えると有料テーマはあなたのお役にたちます。

  おススメ!WordPressテーマ

 

WordPressテーマ「THE・THOR」

  • 高機能の最新テーマで大人気
  • 着せ替え機能でいろんな用途に使える
  • 会員フォーラムがある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です