元サラリーマンブロガーなつのプロフィール

当ブログおすすめのテーマ!


\\//

✔徹底的に表示速度にこだわった完璧なSEO対策のテーマ!

高機能なのに初めてブログを作る人でもカスタマイズがしやすいテーマ。
ブログ作成の欲しい機能がギュッと詰まった今一番人気のテンプレートです。
今なら5大特典「たった30記事で15万円稼いだ方法」やオリジナルデザインマニュアルその他豪華特典付き!
 
詳しい内容は下記のボタンでご確認ください!

【予算1万円程度】ワードプレスおすすめ有料テーマを徹底調査!コスパが最高はどれ?

こんにちは!ブログ運営半年で月20万超の元サラリーマンブロガーなつです。

ブログを作る上で、テーマ(テンプレート)選びは大切です。読者はやはり見た目がよい方が滞在率もあがります。

人は見た目が9割と言われますが、ブログも同じ!

作っている方も、綺麗なテーマならテンションがあがるので、作業効率もあがりますよ!

しかし・・・、世の中にはバカ高いテーマが多くてそれが一体良いのかどうか疑問になることもあるでしょう。2万3万出して「あれ・・・こんなはずじゃ・・・」となると最悪です。

そこで、初心者の方にもまだ出しやすい1万円程度で購入できてコスパの良いテーマをご紹介します。

なつのワンポイント!

ブログで収入のないうちに1万円は確かに高いのですが、導入することによってSEO面や信頼など恩恵もあります。

私も長く無料テーマを使ってきて有料に切り替えた時の感動は今でも覚えています。

ワードプレス無料・有料テーマにするメリット・デメリットは?

ワードプレスを導入したときに、まずはテーマを設定しますよね?最初の段階で少しでも高機能の「有料」にするかお金をかけず「無料」テーマにするのか悩むところです。

そこで、テーマの紹介に入る前に無料・有料テーマのメリット・デメリットについて説明します。

 

無料テーマにするメリット

ブログを始めたころは、たとえ1万円だったとしても投資は厳しいでしょう。ドメイン代、サーバー代などかかってきますし、それ以上お金をかけたくないですよね?

無料テーマはそんな悩みに対応できる助かるアイテムです。

  • テーマは無料で使える
  • 有料ほどではないけどもそこそこのブログができる
  • カスタマイズが得意な人向け
  • わからないことを調べる能力をのばせる

無料テーマにするデメリット

  • カスタマイズのサポートがない
  • 安っぽい
  • カスタマイズなどに関した資料が極端に少ない
  • 自分自身で調べるので時間がかかる
  • うまく更新できないことがある

 

なつのワンポイント!

有料ほどではないけども、無料テーマも基本の機能は備えています。ただし、有料のようにカスタマイズのサイトが用意されていなかったり、サポートはないので自分で探求して検索をかけて調べることになります。

時間をかけてでも調べたり、工夫したりするのが好きな人は無料テーマでも大丈夫です。

 

有料テーマにするデメリット

まずは、有料テーマにするデメリットを説明していきましょう。

  • お金がかかる
  • 無料テーマほどシンプルではない

やはり、有料テーマの一番のデメリットは「お金がかかる」ということでしょう。シンプルな基本項目だけなら無料テーマでも作れますのでお金を絶対にかけたくない方には向きません。

有料テーマにするメリット

WordPressを始めると、公式からもたくさんのテーマが配布されます。Twenty NineteenなどのWordpressから配布される優秀なテーマもありますので、もしあなたがテーマにお金をかけたくない場合にはそれでも十分やっていけると思います。

ただし、無料テーマには有料テーマみたいなサポートはありませんしやはり単調なのでどれだけ作りこんでも面白みがありません。

  • 有料テーマにはサポートがある
  • TOPページや各記事の配置がきれい
  • SEO対策
  • モバイルファースト対応
  • ショートコードが豊富
  • 有名ブロガーは有料テーマを使っている

 

私はアドセンスのためにブログを始めました。芸能ニュースを扱うブログは人が集まりやすくエンタメブログを運営するブロガーが多いです。

他のブログのチェックをするのが日課だったんですが、検索の上位にくるのは「有料テーマ」です。みんな同じ質の記事を書いていてもやはりテーマひとつで変わる場合があるので1万円程度の投資は必要かなと感じます。

(トレンドブログなら、うまくいけばテーマ代1万円の投資はすぐに回収できます)

 

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ一覧

さて、有料テーマはデメリットもありますがブログを運営するメリットの方が多いことは明らかです。

趣味ブログなら無料テーマで十分ですが、アドセンスやお店などのブログなら有料を検討した方がよさそうです。

個人的な意見ですが、最初からいきなり2万3万のテーマを購入するのはどうかなと感じます。

買ってみないとサポートや販売会社がちゃんとしているかどうかわからないですし、実績のあるテーマでないと怖いというイメージがあります。

もしSEOや会社の実績など考えるのなら高くても長く運営して購入者の評判も良い「賢威」がおすすめですが、やはり有料でも1万円ぐらいがボーダーラインではないでしょうか。

そこで、1万円前後でコスパの良いWordpressテーマをご紹介していきます。

コスパの良い1万円前後のテーマ!
  • TCD「AN」(tcd014)
  • TCD「Chill」(tcd16)
  • SANGO(サンゴ)
  • ハミングバード
  • アルバトロス
  • スワロー
  • STORK(ストーク)

 

値段 特徴
STORK(ストーク) 10,800円(税込) バランスの取れたテーマ
TCD「AN」 11,800円 ⇒ 7,980円(税込) 女性らしく可愛い
TCD「Chill」 8,980円(税込) 女性らしく可愛い
SANGO(サンゴ) 10,800円(税込) 見た目が可愛い
ハミングバード 7,980円(税込) 作りこみやすい
アルバトロス 7,980円(税込) アドセンスブログに多い
スワロー 9,900円(税込) アルバトロスの会社の最新版

では、さらに詳しく説明していきます!

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ. STORK(ストーク)

STORK(ストーク)を購入するときにチェックしたい10項目のポイント!【wordpressテーマ】

定価:10800円(税込)

  • 購入後30日の無料メールサポートがある
  • TOPページにスライダーと誘導ボタン
  • モバイルファーストに対応
  • SEO対策
  • 記事一覧ページが選べる
  • 使いやすいショートコードあり
  • 有名ブロガーが作っている

STORK(ストーク)は、自分でも人気ブログを運営するブロガーが作っています。つまり、実際ブログを作っている人の感じた足りない部分や欲しい機能が多く盛り込んであります。

 

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ. TCD「AN」

全部で30種類以上あるTCD(デザインプラス)のテーマです。柔らかなグレーとパステルカラーを基調にしています。

元の値段が11,800円だったものが7,980円(税込)と割引価格になっています。

  • 女性向けデザイン
  • コンテンツスライダーがフェードする
  • 下層メニューのグローバルメニュー

 

とても可愛い女性向けのテーマですが、若干古いテーマなのでIE10以前のブラウザはサポートできないと公式からもアナウンスされています。

 

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ. TCD「Chill」

【TCDのテンプレート評判】実際に使ってみた感想と口コミ。【テーマ】

定価:8,980円(税込)

  • 4つのレイアウトが可能
  • ヘッダーバーが追随型
  • レスポンシブ対応

TCD(デザインプラス)の初期の頃のテーマです。独特のカスタマイズ方法があり、それに慣れる必要があります。

こちらも、IE10以前のブラウザはサポートできないと公式では表示されています。

TCDに関しては、30種類もテーマがありますので、もし検討するなら高くても新しいテーマをお勧めします。

 

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ. SANGO(サンゴ)

SANGO(サルワカ)テンプレート口コミ【体験談】ワードプレスのカスタマイズ!

定価:10,800円(税込)

サイトのデザインのブログを運営しているサルワカさんが作っているテーマです。カスタマイズは必要ですが基本設定だけでも使えます。

  • 見た目に可愛いデザイン
  • 趣味ブログに最適
  • 定期的なアップロードで新機能追加
  • カエレバ(アフィリエイトリンク貼り付け)も使える

凄くかわいいのですが、デザインが前に出すぎてしまい中身が映えないという難点があります。好きな人はメチャクチャ好きというちょっとクセのあるテーマです。

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ. ハミングバード

STORK(ストーク)の会社OPENCAGEが作っているテーマです。とにかくシンプルで使いやすいテーマとして作られています。

定価:7,980円(税込)

  • SNSボタンが標準装備
  • ランディングページ作成機能
  • スライドショーも簡単設置
WordPressテーマ「ハミングバード」

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ. アルバトロス

STORK(ストーク)の会社OPENCAGEが作っているテーマです。私が過去に芸能ブログでアドセンスをしているころライバルチェックしている時によく見かけたテーマです。

定価:7,980円(税込)

  • モバイルファースト
  • ショートコード装備
  • スライドショー設置可能
WordPressテーマ「アルバトロス」

1万円前後で買えるワードプレス有料テーマ. スワロー

STORK(ストーク)の会社OPENCAGEが作っているテーマです。ハミングバードやアルバトロスなどの後に発売されています。目立ちすぎずブログの内容をいかに前に出すかを計算されています。

定価:9,900円(税込)

  • モバイルファースト
  • ショートコード装備
  • スライドショー設置可能
WordPressテーマ「スワロー」

なつのおすすめランキング

今売り出している1万円前後のテーマの中でおすすめするものをランキングにしてみました。

1位:STORK(ストーク)
2位:スワロー
3位:アルバトロス
4位:SANGO(サンゴ)
5位:TCD

TCDは値段が高くなるにつれて新しく高機能になっていくので料金を十分出せる方には向いていますが、1万円前後というとやはりOPENCAGEのテーマがバランスが取れていて高機能なのでコスパは良いです。

発売の期間は、STORK(ストーク)やスワローが新しいのでランキング上位としました。グーグルの評価も年々更新されていっていますので、それに対応できるテーマを選ぶのが良いでしょう。

ブログを運営していてSEOをもう少し強化したいな~と感じたら賢威のワードプレステンプレート評判は?の記事が参考になります。

 

初心者だからこそWordpress有料テーマ を使うべき理由

無料テーマを使うことで時間の無駄遣いをしていませんか?

  • 思い通りのデザインにできない
  • なかなか稼げない
  • アクセス数が増えない

こんな悩みを抱えていませんか?

 

稼ぐブログにしろ趣味ブログにしろ検索の上位にこなければなかなか読んでもらえません。もしあなたが稼ぐブログを作りたいなら、初心者の時に初期投資することはとても大事なことです。

 

Wordpressの有料テーマができる5つのこと

  1. 検索上位を目指せる
  2. 見た目が綺麗でおしゃれになる
  3. 機能が豊富で出来ることが多い
  4. 会員フォームなどのサポート
  5. 有名ブロガーも有料テーマを使っている

これまでにあげた5つの有料テーマの特徴を説明していきます。

1. 検索上位を目指せる

ブログを運営していく上で対策をしていかなければいけないのがSEO対策です。検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEOです。

  • 情報の信頼性
  • ユーザーへの役立つ情報であるか?
  • スマホ・PCなどでストレスなく使える

 

などたくさんの要因がありますが、ブログを訪問した人があなたのブログの多くの記事を読んでくれるようなテンプレートの仕組みも有料テーマでは細やかに考えられています。

 

2. 見た目が無料テーマ以上に綺麗になる

シンプルが良いか、綺麗なテーマが良いのかそれぞれの好みによります。無料テーマは必要最低限のものを備えていますがやはりシンプルすぎていずれつまらなくなってしまいます。

有料テーマはデザイン性が高く自分の好きなデザインにもカスタマイズしやすいです。

 


出典:THE・THOR

3. 機能が豊富でできることが多い

今現在新しい機能として出てきたのが「着せ替え機能」です。過去にも賢威などにはベース色とパターンがありましたが最近ではアフィリなどはっきりと違った用途で使えるように作りこんでいます。

4. 会員フォーラムなどのサポート

なにかわからないことがあった場合、相談できる場所があるだけで安心できます。ここが無料テーマと一番違う部分、有料テーマでは売りっぱなしにしない工夫がされています。

5. 有名ブロガーも多数使用

稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。ブログ造りでは内容も非常に大事ですが、文章や扱っている分野が同じ程度ならやはり最後の勝負はテーマの構造などになります。

 

もしあなたが稼ぐブログを作りたいと考えているならば「有料」テーマも検討してみてください。

  おススメ!WordPressテーマ

 

WordPressテーマ「THE・THOR」

  • 高機能の最新テーマで大人気
  • 着せ替え機能でいろんな用途に使える
  • 会員フォーラムがある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です